Pマーク(プライバシーマーク)取得おすすめコンサル企業をご紹介

Pマーク(プライバシーマーク)支援会社選びの注意点

Pマークの取得は独自でできないわけではないですが、時間やコストを考えると支援会社を利用した方が良い時もあります。

多くの支援会社がありますが、選ぶときにどんな注意をしないといけないかを知っておくと良いでしょう。

 

 

 

パッケージツールの提供のみで無いかどうか

何らかの資格の取得をしようとするとき、通常は学校などに通って直接先生などから指導を受けます。

通う手間は時間はかかりますが、専門家から直接話が聞けるので内容も理解しやすくなるでしょう。

一方忙しい人のために通信教育があり、DVD等の教育ツールで勉強できる仕組みもあります。

忙しい人には便利ですが直接先生に質問などをするのが難しく、理解しにくくなる可能性があります。

会社においてPマーク取得をおこなおうとするとき、Pマーク取得支援会社の選定をするときがあります。

この時の注意点として、どんな支援サービスを行ってくれるかがあります。

一般的にはコンサルタントと呼ばれる専門家が担当者としてついてくれ、それぞれの会社の事情に合わせて何をしていけばいいかのアドバイスをしてくれます。

疑問点などもその都度確認でき、計画的にPマーク取得できる可能性も高まります。

一方でパッケージツールのみの提供の支援会社もあります。

ツールを使ってそれぞれの会社で取り組んでいく必要があり、計画的に取得するのが難しくなるかもしれません。

取得のサポートと更新のサポートがあるか

資格や免許と言えば、一度取得すれば一生得られるものもあれば、一定期間ごとに更新をしなければいけないものもあります。

国家資格などは一度取得すると一生その資格を維持できるケースが多いですが、一方で運転免許や教員免許などは更新しながら維持する必要があります。

取得時のみ努力をすればいいのか、更新の時にも努力が必要になるのかの違いがあります。

多くの会社においてPマークの取得を検討しているかもしれませんが、その時にスムーズに取得をしたいならPマーク取得支援会社を利用するのが良いとされています。

支援会社選びの注意点として、その会社がどこまでサポートをしてくれるかがあります。

まず取得支援会社なので取得のサポートはしてくれるでしょう。

問題はそれ以後のサポートがあるかです。

Pマークは取得すれば終わりではなく、更新をしないと掲げることができません

将来的にも掲げようとするなら更新が必要になり、更新のための行動をしていく必要があります。

取得プランだけでなく、更新プランも用意してくれる業者が良いと言えるでしょう。

設備投資をせずに取得できると言ってくる業者

会社が新しい取り組みをするとき、それに対する投資が必要になるときがあります。

株式会社は株主から出資をしてもらって運営をしていますから、社長の安易な考えだけで大きな投資はできません。

時には株主にきちんと話をして投資をするときもあります。

一方で必要な取り組みに対してコストが少なくて済むなら、その方法を選択肢として考える必要があるでしょう。

ただしなぜ少なくて済むかを知らなければいけないでしょう。

Pマーク取得支援会社を利用してPマークを取得しようとするとき、ある業者は設備投資をせずに取得が可能と言ってきました。

となるとかなりコストを抑えることができそうです。

一見良さそうな提案ですが、Pマークの目的からするとあまりよいとは言えないかもしれません。

Pマーク取得に設備投資を一切しなくていいことは常識的にはあり得ないと言えるでしょう。

一般的には社内の情報システムの見直しなどが必要になり、それなりに投資が必要になります。

Pマーク本来の目的を前提とした提案をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

支援会社の中にはパッケージツールのみの提供の会社があります。

自社内だけでできるものの、取得に時間がかかる可能性があります。

取得すればいいわけではなく、Pマーク本来の運用が必要です。更新も含めたサポートをしてくれる会社を選ぶ方が良いでしょう。

サイト内検索
おすすめ会社ランキング!
ユーピーエフ
バルク
オプティマソリューションズ
ワークトラスト
LRM