Pマーク(プライバシーマーク)取得おすすめコンサル企業をご紹介

Pマークのメリット・デメリット

Pマークのメリット・デメリット

このマークを取得しているということはすなわちそのサイトや企業において情報の安全性が保障されている証拠であり、消費者に向けてのアピールポイントの一つでもあります。
これによって企業や団体、会社などは社会的信用を勝ち取ることができるうえ、その中で働く社員たちにセキュリティの重要さを意識づけるきっかけとして使うこともできます。
ここでは、Pマークを取得することのメリットとデメリットをご紹介していきます。
メリットばかりが注目されるかもしれませんが、デメリットを適切に把握して、予め対応策を考えておかなければ、導入後や導入途中に思わぬリスクが発生するかもしれません。
取得することで得られる利益と、取得にかかる時間や人的リソース、お金などの要素を総合的に検討して、Pマーク導入の可否を決めていきましょう。

 

Pマークを導入するメリット

さて、たくさんの企業が導入するようになってきているPマークですが、導入するとある利点のうちのいくつかを紹介いたします。

〇企業間取引においての信用拡大
最も大きなメリットは、企業間取引を行なう際の信用拡大であると思われます。

個人情報の流出や一斉盗難などが問題になっている現代社会において、プライバシーやセキュリティはなくてはならないものとなってきています。
個人情報保護法では、業務の委託先企業の監督責任を負うことになります。

それゆえに、情報の取り扱いが非常に重要となってきます。
特に、最近では、個人情報を利用して展開していく企業などは報管理体制が厳しく問われるようになりました。

基本的に個人情報が一般に広く公開されることを良しとする人は少ないと思います。
現代においては自らの個人情報の安全性を一番重視する人も少なくありません。
このようなときにPマークがついているサイトですと消費者側からも安心して情報を入力することが可能となります。

 

〇従業員の意識向上

最後に、企業側のメリットとして従業員の意識向上が挙げられます。
個人情報保護法では従業員の監督義務も示されており、企業従業員が一体で取り組まなければなりません。

また、プライバシーマークの取得は企業全体で一丸とならねばとれないものでもあるので、会社全体がセキュリティに気を配るきっかけとすることができます。

 

Pマークを導入するデメリット

上記で紹介したようにPマークには企業側にとっても消費者にとってもたくさんのメリットがあります。
しかし一方で、当然光と影は必ず一心同体であり、デメリットも少なからずあります。

ここでは、いくつかの欠点を紹介いたします。

◆審査の金額
プライバシーマークの取得には、どうしても査定機関の審査が必要となります。
しかし、その審査にはかなりの額がかかってしまうことがあります。
中規模の会社でも50万円越え、大企業であれば、120万円を超えてしまうことすらあります。

◆査定が厳しい

さらにPマークは査定が厳しく、2年に1度更新手続きを受けなくては継続できませんが、その費用も別途で46万あたりかかります。
また、その他にもコンサルティング費用として100~200万、ウイルス対策ソフトの導入金として別途料金が必要になってしまいます。

 

まとめ

Pマークは、情報の安全性が求められるようになってきた現代において消費者から必要とされ、多くの企業が導入するようになりました。

プライバシーマークを付与された事業者は年々増えています。
Pマーク制度が導入されたのは2005年のことですが、10年たった2015年ではその導入社数は20199社にまで登っています。
このことからも社会にとっていかにPマークが必要とされていることかが伺えます。

消費者や公官庁からの信用を買い取ることができる一方で、導入にあたって多大な出費が必要なのが現在の難点です。
しかし、信用はなによりも大事なので導入できるチャンスがあったら導入を実行しましょう。