Pマーク(プライバシーマーク)取得おすすめコンサル企業をご紹介

スリープロサポート株式会社

スリープロサポート株式会社

貴方は普段、個人情報をきちんと管理していますか?

このご時世、どこでだれがあなたの個人情報を狙っているのか分かりません。
実際、近年では大手企業による個人情報流出事件は後を絶ちません。
ずさんな業者へ依頼してしまうとこのように個人情報が大量に流出してしまい、とりかえしのつかないことになってしまうのです。

ですから、これからの時代は個人だけではなく会社もしっかりとお客様の個人情報をしっかりと管理する時代です。
インターネットで検索すると、個人情報に関しての情報がたくさんありますが、その中で今回は特にプライバシーを管理しているスリープロサポート株式会社を見てみましょう。

★ご依頼される方への注意点★

ご依頼いただく際は以下の点に注意されるとよいかと思います。

▼コンサル手法が古いという情報を確認
▼現在はほとんどコンサルはしていない模様

数多くの支援実績があるスリープロサポート株式会社では、コンサルティングに定評があります

その主要なものがISO認証取得コンサルティングです。
ISOの認証取得や維持で悩んでいる企業は意外にも多いのです。
その原因はISOの認証取得をかんがえる前にISOマネジメントシステムに関する不十分な知識や他社の失敗例からとらえるマイナスのイメージだけが先走ってしまっているからです。
実はISOの取得は難しくなく、きちんと準備をすれば誰でも簡単にISO取得は可能になります。

○ISOを認識することは
組織の理想や目標を達成できるように、各部署で効果や効率を実現できるようにISOマネジメントを参考にしてルールを定めてしっかりと運用することです。
そのためには現状の仕組みにおいて目標や理念達成を阻害する要因を取り除き、不備があるときはISO規格要求事項を参考に是正し、新しいルールを構築・運用していきます。
特に書類を作ったり記録を取るということではありません。

 

○良い製品やサービスを安定してユーザーへ提供し、顧客からの支持を得ることがポイント
それを実現させるためにISOマネジメントシステムは必要です。
自社の弱い部分やもっと強化したい部分を補完し、存在しないし杭などの導入を決定して現在よりもレベルの高い企業を目指します。
情報セキュリティマネジメントシステムでは、社内の活動や管理面のセキュリティ対策を含めた組織全体の情報セキュリティシステム管理を達成するための経営システムの一部です。
ISMSやプライバシーマークは組織が情報セキュリティを確保するための仕組みであり、それを構築して運用するための要求事項を規定します。

○情報セキュリティに関する規格の歴史
英国で検討が開始されたことがきっかけで、1995年に国家規格としてBS7799が発行されました。
2000年からISOと呼ばれるようになりました。
日本ではJISQ27001を発行することになり、現在最新版ではISO27001が日本規格協会より発行されました。

 

個人情報を重んじている現代だからこそ、セキュリティ対策は重要です

世界中で今個人情報に関する対策は徹底的に行われるようになりました。
特に今はサイバー攻撃というものがあり、企業だけではなく国家そのものを揺るがすような状態になりえることもあります。

はそんな脅威にどう立ち向かえばいいのでしょうか?

それは自社や個人のセキュリティレベルを上げることです。
今はISMSやプライバシーマークというものがあり、きちんと対策をして審査をしてもらえばどの企業でも取得でき継続することが出来ます。
このISMSとプライバシーマークがある会社と無い会社では、お客様からの信頼度も全くちがいます。
今は大手企業が個人情報を流出してしまう時代です。
個人情報はお客様から預かった大切な情報です。

情報を危険に晒さないためにも、これからはセキュリティ対策をしっかりと行い、24時間365日安全対策をしてくれるセキュリティ会社へ依頼をしたりセキュリティレベルを上げることで、安心して運営できる環境が保てます。